2004年10月26日

フォトリーディング(4)「101人の起業物語」

IT業界への転職を考えていることと、将来は起業したいとも思っていますので、予備知識としてネットビジネスの成功の実例を知っておこうと思い購入しました。また、この本は日本語表記に加えて、英単語も加えていわゆる「4重表記」という新しい試みで書かれています。IT関連の専門用語も多数出てきますので、そのあたりの知識が無いと読むのは辛いかもしれませんね。(途中に突然出てくる英単語にはかなりのインパクトがあります)

101人の起業物語彼らはなぜ成功したのか?

「101人の起業物語」
読んだ日:2004/10/26
ページ数:317ページ
準備:2分
予習:3分
フォトリーディング:5分15回
復習:6分
活性化:スーパーリーディング&ディッピング24分
    マインドマップ10分
トータル:50分

(読む目標)
ネットビジネスで成功した方法(実例)を知りたい。

(目標に対する内容)
ネットビジネスで成功する為のいくつかのポイントがあります。人のやりたくないことをやることにより、社会から評価され成功に繋がります。また、成功するというイメージを持ち続け、そのイメージに向けて努力することが必要です。
昨今のIT業界は目まぐるしく発展し続けていますので、早いもの勝ちということもあります。もしも、あなたが何かしらの良い案件をお持ちであれば、早めに手を付けることも大事です。
ビンジネスモデルの例として、スモールビジネスはオリジナリティを出していく必要があるし、アウトソーシングビジネスはコスト削減を重点的に行わなければなりません。また、その他の様々なビジネスモデルにも共通することですが、多くの人が企業に求めるもの、即ち生活が便利になったり豊かになる方法に対して、常に半歩先を進むという意志が重要です。
ネットビジネスで成功する為には、3つのチャンスがあると言われています。
1つめは、世の中に認められているビジネスチャンス
2つめは、会社設立のチャンスに恵まれている
3つめは、起業に背中を押してくれる人や物・心ともに援助・協力してくれる人がいる
ということです。
もしも、ビジネスが一つでも成功したとしても油断してはいけません。勢いを失わせないことが大事です。
また、例え失敗したとしても、そこから多くのことを学ぶことができ。それが成功へと繋がる可能性もあるのです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(この本で得られた「気付き」)
移り変わりの激しいネットビジネスで成功する為には、チャンスを逃さない、先見の目があること、失敗も教訓として前向きに受け止めること、継続する力を持ち続けること。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(自己批評)
英単語の読解力の無さが、読むのを困難にさせていた気も、、、

(この本の満足度)
★★
(英単語の混ざった手法という意味では★★★ですが、、)

※3段階
★★★ 多大なインパクトを与える
★★  読んでも損は無い
★   それほど重要では無い

今回の書籍の紹介が参考になった方はポチッと応援お願い致します
posted by 山栄 浩 at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍(ビジネス全般)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/915175

101人の起業物語 彼らはなぜ成功したのか?
Excerpt: ★ 101人の起業物語 彼らはなぜ成功したのか? ★ 日本のITベンチャーの経営者を250人ほど取材してそのうちの101人について紹介しています いずれは独立を考えている人にとってモチベーションアップ..
Weblog: pluswellの自己啓発成功日記
Tracked: 2005-03-03 02:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。