2004年10月25日

フォトリーディング(1)「アイデアのつくり方」

この本は、薄いですので、フォトリーディングしなくてもすぐに読み終えてしまいます(笑)
でも、書いてある内容自体は深いです。アイデアつくりに困った時に必読の書ですね。

アイデアのつくり方

「アイデアのつくり方」
読んだ日:2004/10/25
ページ数:87ページ
準備:1分
予習:2分
フォトリーディング:5分10回
復習:2分
活性化:スーパーリーディング&ディッピング20分
    マインドマップ10分
トータル:40分

(読む目標)
アイデアはどうやって作るのか知りたい。

(目標に対する内容)
アイデアとは、既存の要素を新しく組み合わせることにより生み出すことができます。
製造過程を例えるなら、フォード車を製造するしくみと同じで、一連の流れ作業によって作り出されるのです。アイデアのつくり方には次の5段階があります。
1)資料集め
2)既存のアイデアをメモ(もしくはスクラップック)にする
3)問題を一旦放棄する
4)あなたの頭の脳裏に突然アイデアが浮かび上がる
5)アイデアを生み出す

アイデアを生み出す方法には、ブレーンストーミングやテープレコーダを使う方法も考えられます。だしぬけにアイデアが浮かび上がることもあれば、言葉をマスターすることによって、言葉自体がアイデアになりうる可能性もあるのです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(この本で得られた気付き)
既存のものにこそ、オリジナルティになるアイデアの要素が詰まっていること。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(自己批評)
フォトリーディング講座受講後の1冊目の本ですが、活性化に慣れず、時間が掛かってしまいました。おそらくフォトリーディングに慣れてくれば、20分以内で読み終えてしまう本でしょう。

(この本の満足度)
★★

※3段階
★★★ 多大なインパクトを与える
★★  読んでも損は無い
★   それほど重要では無い

今回の書籍の紹介が参考になった方はポチッと応援お願い致します
posted by 山栄 浩 at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(トレーニング)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/914562
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。