2005年06月24日

フォトリーディング(51)「ツイてる!」

斉藤一人さんの世界にハマりました(笑)

ツイてる!

「ツイてる!」
読んだ日:2004/12/28
ページ数:186ページ
準備:2分
予習:2分
フォトリーディング:5分10回
復習:4分
活性化:スーパーリーディング&ディッピング&マインドマップ 66分
トータル:79分

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【読む目標】
「ツイてる」ということは何かを知りたい

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【目標に対する内容】
■人生にツキを呼ぶためのノウハウとは?

●勝負強い人
 ・「自分はツイてる人間だ」と思っている人が多い。
 ・ツキは実力よりも上。実力は人間の力で、ツキは天が与えるもの。
 ・人生そのものをツイてると考えると。ここ一番の時のノリが違う。

●ツキがどんどん舞い込む方法
 ・「ツイてる」を口グセにする。シンプルイズザベスト。
 ・ツイてることを考える。
 ・自分がしゃべった言葉の後に「ツイてる」という言葉を付ける。(良い事も悪い事も)
 ・「ツイてる」という言葉の力で、運命が一歩前に出る。ツキが回り出す。

●ツイてない人間
 ・そう思っている人。何もやらないから成功も失敗も無い。
 ・それこそが失敗である。

●ハッピーになる為に
 ・いつも笑顔で。
 ・どうしたら自分が笑えるか、おもしろいことを考える。
 ・不完全主義になる。人がやることは最高で78%。残り22%はチェックし、
これを改良しようとすることで良くなる。
 ・適当がちょうど良い。必要なものを求めすぎると苦しくなる。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本で得られた気付き】
ツキを呼ぶということは、単なる運命に委ねることではなく、自らの意志・行動に左右されるのである。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【書評】
「ツイてる」という言葉に、これほど力があるのかということを、いろいろな観点から解説しています。
自分を根本から変えていきたいという方には、まず始めの一歩を踏み出す道標になるかもしれません。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【自己批評】
斉藤一人さんの著書の2冊目の読破でしたので、比較的スムーズに読めました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本の満足度】
★★

※3段階
★★★ 多大なインパクトを与えた
★★  気付きを得られた
★   普通に読めた

今回の書籍の紹介が参考になった方はポチッと応援お願い致します
posted by 山栄 浩 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍(自己啓発)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1597527

変な人が書いた驚くほどツイてる話 斉藤一人さん著
Excerpt: 本は雑誌を含めれば週に1冊か2冊買う自分ですが、 ほとんどがパラパラめくりで「積読(つんどく)」ことが多いのです。 が、昨年買った本の中でタイトルの1冊を、 車中でのひまつぶしの為にカバンに入れ..
Weblog: 157〓,45〓,年収300万,A型,チビたです
Tracked: 2005-03-07 14:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。