2004年12月17日

フォトリーディング(39)「自分プレゼン術」

相手に納得させるようになる術を知りたいと思い購入しました。

自分「プレゼン」術

「自分プレゼン術」
読んだ日:2004/12/13
ページ数:212ページ
準備:2分
予習:2分
フォトリーディング:5分10回
復習:4分
活性化:スーパーリーディング&ディッピング&マインドマップ 44分
トータル:57分

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【読む目標】
相手に印象を与える効果的なプレゼンの方法を知りたい

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【目標に対する内容】
■プレゼンの方法
(聞き上手)
・大事なことは
1)相手が心の中でこのタイミングえ喋りたいと思っていることを引き出す
2)問題だと感じていることを喋らせてあげる
・相手の考えを引き出す質問をする
(プレゼンの基本)
・伝えたいことを目立たせる
・リスクはつきもの

(テレビ、ビデオ、コンピュータを使う)
・プレゼンを受ける人との間の空間を共有できるようにする

(文章や手紙を使う)
・印象的なプレゼンにする為には、
1)自分のキャラクターを表現するような紙を選ぶ
2)家紋や漢字の氏名を入れることで、インパクトのあるものになる

(キャッチコピー)
・目立たせて、ボディコピーを読ませるのが鉄則

(自分の写真)
・外と室内で撮影した写真を一枚づつキープしておく
・いい感情で気持ちが乗っているときの写真からいい波動をもらう
 ⇒プレゼン当日に体調が悪いときなどに効果的

(企画書)
・プレゼン能力がかたちになって試される場
・起承転結で、2〜3分で合意が得られるような4枚のシンプルな形式が良い
・かたちに無いものをプレゼンする場合には、相手の頭の中にあるイメージ構造をそのまま利用する

(プレゼンの本質)
・第一の法則
 ⇒始めよければすべてよし
・第二の法則
 ⇒マイナスイオンの法則。マイナスの部分をさらけ出し、静かにつぶやく。
  そして聞いている人からエネルギーをもらう。
  その後、あなたのプレゼンがはじめて心に染みるようになる。
・第三の法則
 ⇒社外秘・ふたりのひみつを思わず第三者に語りたくなってしまう何かが隠されている

(プレゼンとは)
・弱い人間が自分を武装する手段
・人間が自由になるための技術
 ⇒他人の抱く先入観から自由になり、新たに想いを共有できる人々とあなたのキャラクターを結びつける

(日本流のスタイル)
・3つのエッセンス
1)小手先のプレゼン技術より、あなた固有のキャラクターで第一印象を演出する
2)弱みを素直に出してそれを強みとする
3)デジタル技術も含めて、あまり大げさな手段に頼らないこと

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本で得られた気付き】
プレゼンで大事なことは、あなた自身の考え・キャラクターを演出することや、インパクトのあるタイトル・見出しを付けたり、起承転結を基本に簡潔で説得力のある文章を心がける。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【書評】
プレゼンでの基本が抑えられていると感じました。すぐにでもあなた自身のプレゼンに応用できる内容だと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【自己批評】
すんなりフォトリーできたと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本の満足度】
★★

※3段階
★★★ 多大なインパクトを与える
★★  読んでも損は無い
★   それほど重要では無い

今回の書籍が読みたくなってきた方はポチッと応援お願い致します
posted by 山栄 浩 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(トレーニング)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。