2004年12月15日

フォトリーディング(37)「お金と英語の非常識な関係(下)」

上巻と同じく、以前に普通読みした本でしたが、フォトリーで読みたいと思い、再読しました。

お金と英語の非常識な関係(下)

「お金と英語の非常識な関係(下)」
読んだ日:2004/12/11
ページ数:193ページ
準備:2分
予習:2分
フォトリーディング:5分10回
復習:4分
活性化:スーパーリーディング&ディッピング&マインドマップ 47分
トータル:60分

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【読む目標】
英語をビジネスに生かす為の方法を知りたい

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【目標に対する内容】
■英語をビジネスで活用する
(ビジネス洋書)
・中学生程度の英語でフォトリーディングを使えば3時間で理解することが可能
・読者が効率的に内容が把握できるような工夫がある
・ビジネス洋書のタイプは「ハウツー型説明型」と「タイプ分析型」の2種類
・一冊の本を説明できるようにするため、本から引き出す魔法の質問が7つある
・わかりにくい本は時間をかけずに次に進むほうが良い
・情報の宝庫は「表紙」「裏表紙」「カバーの折り返し」
・最後に要約文がある場合、その部分は眺めるだけで読んではいけない
・大胆な想像をしながら読むことが大事

(国際舞台)
・圧倒的に世界へ出て行く人は少ない
・飛び出すチャンスは今!!
・飛び出せば、次から次へとビジネスチャンスが飛び込んでくる
・国際的ビジネスマン&ウーマンになるには、さほど時間は掛からない

(海外へ行く)
・目的はセミナー・展示会へ行くこと
・セミナー・展示会が国際舞台へのワープの入り口
・セミナー・展示会へ行くと、同じ志を持った人たちに会える

(海外のセミナー)
・国際ビジネスで活躍するためのスムースなきっかけである、人との出会いが用意されている
・最速・最高で成功したければ、あなたが尊敬する人の集まるところへ行き、場所を共有すること
・セミナーの情報を知るには、洋書をたくさん読むこと

(海外のDM)
・一番ホットなビジネス情報源
・日本から取り寄せることも可能

(ビジネス交渉)
交渉に役立つ3つの知識
1)あなたが成立するビジネスは既に決まっている
2)英語力に頼って商談してはならない
3)最低限の英語で流暢に話すにはコツがある

(国際ビジネス)
・相手が取引したいかどうかで成立しないかが決まる
・うまくいかない時は、初めから決まっていることなのであきらめて次にいく

(ビジネスの糸口)
ビジネスの糸口を得る為の3つのフレーズ
1)Would you be interested in promothing your products in Japan?
2)I do have prospects already in Japan
3)Who would be the best person to get in touch with?

海外ビジネスに取り組むメリットは、お金儲けだけではなく、異なる文化を理解し、人と人との繋がりを持つこと。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本で得られた気付き】
洋書を読んで理解するポイント。海外のセミナー・展示会にビジネスを大きく前進させる要素がある。ビジネスの成立は、既に相手が興味を持っているかどうかに掛かっている。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【書評】
上巻の続きですが、洋書を読むコツと、ビジネスの交渉や人間関係をスムーズに行うためのコツなど、より実践的な内容になっていて参考になります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【自己批評】
上巻と同じく、以前に普通読みしたはずですが、覚えていたのはフォトリーのところだけ。フォトリーはすんなり出来た気がします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本の満足度】
★★★

※3段階
★★★ 多大なインパクトを与える
★★  読んでも損は無い
★   それほど重要では無い

今回の書籍が読みたくなってきた方はポチッと応援お願い致します
posted by 山栄 浩 at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(ビジネス全般)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1297854
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。