2004年12月14日

フォトリーディング(35)「記憶力を強くする」

本屋で見て直感的に購入しました。

記憶力を強くする最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方

「記憶力を強くする」
読んだ日:2004/12/9
ページ数:234ページ
準備:2分
予習:3分
フォトリーディング:5分10回
復習:6分
活性化:スーパーリーディング&ディッピング&マインドマップ 51分
トータル:67分

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【読む目標】
記憶力を強くする方法を知りたい

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【目標に対する内容】
■記憶力を強くするには
(頭を多く使う)
・神経細胞が増殖し、記憶力が自然に増大
・70歳越えても記憶力を向上させることができる

(刺激の多い環境)
・常に脳を活気付ける
・刺激の多い環境が無理
 ⇒周囲の出来事に興味を持ち感覚のアンテナを巡らせる

(情動)
・喜怒哀楽の感情の動きのこと
・人類が進化前の頃から脳に保持されている特別な性質で記憶の促進に関係すると言われている。

(歳をとる)
・エピソード記憶が発達する
・論理だった記憶能力が発達する

(ストレス)
・記憶力が高いとストレスのダメージを抑え、さらに記憶力が高まる

(真理)
・ものごとの奥に潜む真理を発見することは、学習に最適
・真理を追究することでますますものごとがおもしろくなり、さらに興味が深まり記憶力が増強する。

(語呂合わせ)
・言葉の意味を具体的に想像すると記憶力が増強する

(夢)
・脳の情報を整え、記憶力を増強
・十分な睡眠をとることにより、効率良く記憶できる

(記憶力を高める方法)
1)コツ
2)忍耐力
3)努力
4)好奇心

(カフェイン)
・記憶力を高めるための身近な薬
・でも微々たる結果である
・飲みすぎがダメ。依存性がある。

(遺伝子操作)
・欠損した能力を遺伝子で補う
・NMDA受容体に「K九〇」という物質でカルシウムイオンを流れやすくすると記憶力が増加
※NMDA受容体=海馬のシナプスが持っているグルタミン酸の受容体。
         海馬の神経伝達物質はグルタミン酸である。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本で得られた気付き】
刺激の多い環境が記憶力を高めるのには効果的だ。薬で強制的に記憶力を高める方法も研究されてきている。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【書評】
記憶力について、より科学的な観点から知ることができる。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【自己批評】
専門用語が結構出てくるので、キーワードで理解するのに苦しみました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本の満足度】
★★

※3段階
★★★ 多大なインパクトを与える
★★  読んでも損は無い
★   それほど重要では無い

今回の書籍が読みたくなってきた方はポチッと応援お願い致します
posted by 山栄 浩 at 05:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(トレーニング)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。