2004年12月13日

フォトリーディング(34)「右脳を使えば、すごいスピードで本が読める。」

フォトリーディングは右脳を使う速読ですが、予備知識として他の右脳を使う速読法の本も読んでみようと思いました。

図解右脳(うのう)を使えば、すごいスピードで本が読める。

「右脳を使えば、すごいスピードで本が読める。」
読んだ日:2004/12/8
ページ数:93ページ
準備:2分
予習:1分
フォトリーディング:5分10回
復習:2分
活性化:スーパーリーディング&ディッピン20分
    マインドマップ16分
トータル:46分

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【読む目標】
右脳を使った読書法を知りたい

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【目標に対する内容】
■右脳読書法
・本の中のキーワードを見つける
・速く読めるのは意識の違いで可能
・反発を感じる部分はその本の大事な部分。それを吸収すると成長する
・著者と呼吸を合わせて読むと一気に読める
・読書を生活の一部と思うと得るものが大きい
・あらゆるジャンルの本を読むと右脳が活性化され知恵を得られる
・目次と見出しをじっくりと読むのがワクワクする本の読み方
・自分のキーワードを見つけ出す
・オススメのテーマは自分で決める
・いつでも本を読める人は仕事のできる人
・ページを開いたところから読み始めることによって自然な発想・斬新な発想ができる

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本で得られた気付き】
本を読むということは、普段の生活においても良い影響をもたらす。読書を生活の一部として溶け込ませる。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【書評】
右脳を使った読書がどんな影響をもたらしているのかがわかりやすく書かれています。半分はほぼイラストですので、お値段手ごろで、直感的に右脳読書について理解できます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【自己批評】
ページの短い本なので、特にフォトリーは問題ありませんでした。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本の満足度】
★★

※3段階
★★★ 多大なインパクトを与える
★★  読んでも損は無い
★   それほど重要では無い

今回の書籍が読みたくなってきた方はポチッと応援お願い致します
posted by 山栄 浩 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(トレーニング)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。