2004年12月13日

フォトリーディング(33)「考具」

「考具」とは著者の造語ですが、アイデアを生み出す「考具」という表現に惹かれました。

考具

「考具」
読んだ日:2004/12/7
ページ数:234ページ
準備:2分
予習:2分
フォトリーディング:5分10回
復習:4分
活性化:スーパーリーディング&ディッピン40分
    マインドマップ25分
トータル:78分

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【読む目標】
アイデアを生み出す「考具」を知りたい

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【目標に対する内容】
■考具とは
・考えるための道具で、アイデアや企画を生み出すもの
・手にすると、頭と体がアイデアの貯蔵庫、企画の工場になる

「情報が頭に入ってくる考具」
・カラーバス
 ⇒意識した色が目に飛び込むこと。切羽詰まった時に問題解決のヒントを探すのに役立つ。
・聞き耳を立てる
・ちょいメモ
 ⇒何となく気になったものをメモる。それがキッカケでどんどん思い出せる。
・フォトリーディング
など

「アイデアが拡がる考具」
・アイデアスケッチ
 ⇒形状やシーンを思い浮かべ紙に描く。
・マンダラート
・マインドマップ
など

「アイデアを企画に収束させる考具」
・5W1Hフォーマット
・タイトル
・ビジュアライズ
 ⇒ビジュアルで考えること。できるだけ細かく丁寧に想像する。
など

「行き詰った時の考具」
・アイデアマラソン
・問いかけの展開
 ⇒与えられた課題をずらして考えてみる。切り口の違うアイデアが浮かんでくる。

■あなたの考具を見つける
「インプット系」
・周辺にあるアイデアをうまく取り込めるもの

「アウトプット系」
・扱いやすく、簡単に操作できるもの

考具を使い、頭の使い方を習慣化させることによって、その内、その考具を使わなくてもアイデアが出せるようになる。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本で得られた気付き】
アイデアを出す為の自分なりの方法を見つけることで、それが引き金となって次から次へとアイデアを生み出すことができるようになる。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【書評】
アイデアを生み出す方法を「考具」という物理的なものに連想させることで、わかりやすく方法論を述べていました。様々な用途に合わせた「考具」の使い方を学べると思います。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【自己批評】
途中で集中力が途切れ、結構時間が掛かってしまいました、、、。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【この本の満足度】
★★

※3段階
★★★ 多大なインパクトを与える
★★  読んでも損は無い
★   それほど重要では無い

今回の書籍紹介が参考になった方はポチッと応援お願い致します
posted by 山栄 浩 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍(トレーニング)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

考具―考えるための道具、持っていますか?
Excerpt: 考具―考えるための道具、持っていますか? 加藤 昌治おすすめ平均 あまり売れて欲しくないな。 アイディアで生計を立てる覚悟のある人向け門外漢でも 「頭の体操」になりました75..
Weblog: ビジネス書を追いかけろ!!
Tracked: 2004-12-22 08:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。