2004年12月04日

フォトリーディング(22)「頭が良くなる本」

これもフォトリー講座でオススメの本です。
今回から、著作権を考慮して、更に簡潔な内容で書評を掲載することにしました。

頭がよくなる本改訂新版

「頭が良くなる本」
読んだ日:2004/11/26
ページ数:181ページ
準備:2分
予習:2分
フォトリーディング:5分10回
復習:4分
活性化:スーパーリーディング&ディッピン29分
    マインドマップ20分
トータル:62分

(読む目標)
頭が良くなる方法を知りたい

(目標に対する内容)
頭が良くなる方法として、この本では主に4つの方法論を述べています。

1)本を早く読む
・意味をよりよく理解できたり、より集中して読むことができたりする
・重要な部分を振り返る時間が減ったりもする
では、早く読む方法とは、、
・指で文字をなぞりながら目で追う
・一度に一行以上文字を見る
※僕は、フォトリーディングですが(^^

2)復習する
・適切な復習が、学習・思考・記憶に累積効果を及ぼす

3)記憶術
・特殊な暗記法
・容易にすばやく記憶でき、ずっと後になっても記憶に残る
・韻語と記憶すべき単語をしっかりと結び合わせることが大切

4)頭脳地図(マインドマップのこと)
・真ん中にイメージを書き、重要だと思った単語を放射上に書く
・直線的な書き方に比べ利点が多い
・思考技術を全般的に高めてくれる
・あなたの脳をもっと簡単に学習に導き、知識の世界へと容易に楽しく誘うことによって勉強嫌いを直す。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(この本で得られた「気付き」)
何度も繰り返し学習すること「復習」という概念が、記憶の維持に非常に効果的。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(自己批評)
比較的集中して読み進めることができた。

(この本の満足度)
★★

※3段階
★★★ 多大なインパクトを与える
★★  読んでも損は無い
★   それほど重要では無い
posted by 山栄 浩 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(トレーニング)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。