2004年11月11日

フォトリーディング(12)「魅せる技術」

モテるようになる為の技術とくれば、男だったら一度は読んでおかないと(笑)いや、自分がモテなくて困っているというわけではないですよ、、ほんとに、、

魅せる技術

「魅せる技術」
読んだ日:2004/11/11
ページ数:206ページ
準備:2分
予習:2分
フォトリーディング:5分10回
復習:4分
活性化:スーパーリーディング&ディッピング30分
    マインドマップ25分
トータル:68分

(読む目標)
ビジネスに役立つ相手に好印象を持たせる技術を知りたい

(目標に対する内容)
好印象を持たせる為の「魅せる技術」とは、あなたを高値で売り込む為の重要なコミュニケーションツールの役割を果たします。また、心理学、色彩学、マナー、ファッション、ボディアクションの各専門分野の領域を全て統合したのが「魅せる技術」なのです。
ビジネスでもモテる要素とは
・知性
・信頼
・親しみ
の3つです。これから解説する「魅せる技術」で、これら3つの要素を身に付けることができるようになるのです。

■「もう一度会いたくなる話し方」
好印象を与える心地いい響きの声は、低くて深い声です。ボイストレーニングを行い複式呼吸を行うことでいい声が出せるようになります。声の照準は話したい相手に合わせることにより、相手のハートに伝わります。そして、トークスピードは「魅せる」「まったり」「お急ぎ」の3つを使い分けることが大事です。
自分から話すだけではなく、聞き上手になることも重要です。あいづちやうなずき方も
リアクション次第では相手への最高の思いやりとなるのです。

■「感情を揺さぶるアクション」
第一印象の自分の行動を魅力的に見せる要素は次の5つです。
1)距離
  ⇒初対面には1.2m以内に入ってはいけません。
2)指先
  ⇒指先はセクシーポイント。お手入れが大事です。
3)視線
  ⇒ポジティブな言葉を心の中で唱えながらのあいさつが魅力的に見せます。
4)顎の角度
  ⇒基本は±0度
5)パワーポーズ
  ⇒腕組みをすると小心者に見え、カッコ良くありません。

■「抑えておきたいファッションの基本」
まずは、ファッションに対する意識を変えます。「着られる⇒着る⇒装う」へと気持ちを切り替えます。
スーツの場合、「選びの3原則」と「着こなしの4原則」を守りましょう。
(選びの3原則)
1)ジャケットは肩と胸で選ぶ
2)数より質
3)足元まで全身を鏡でチェック
(着こなしの4原則)
1)きれいに着こなす
2)ポケットをかばんにしない
3)Vゾーンをすっきり
4)ブランドのロゴを目立たせない

その他にも、ネクタイ、シャツ、ヘアスタイル、靴、香水などにも気を配ります。

■「個性を生かすカラーコーディネイト」
印象は色によって判断される場合もある。肌の色によって、クール系やウォーム系など似合う色が決まってくる。困った時にはモノトーンにするのが無難だ。

■「恥をかかないマナーとエチケット」
レストランマナーはオーダーや乾杯の際にはアイコンタクトで行うのが良い。
テーブルマナーは英国式の基本を抑えておこう。
ウォーキングは目線を上げ、背筋を伸ばし腰で歩こう。
スマイルは朝に鏡の前で表情のトレーニングをしよう。自然な笑いになるように日ごろから作りこむことが大事だ。

■「好感度を上げるコミュニケーション」
3分以上の会話では、相手の名前を3回以上言おう。時には大げさなリアクションをすることでユーモアのセンスが評価され、親しみを持てるようになることもある。
まめまめさも相手に自分の印象を与える為に大切なことです。
相手のミスを叱る時には、大勢の前ではなく、1対1のシチュエーションで行いましょう。そのほうがコミニュケーションを取りやすくなります。
3つのあいさつテクをマスターすることにより、出会いが増えます。
1)先手必勝
  ⇒顔を覚えてもらえるようになる
2)終わりで印象付ける
  ⇒最後に明るく振舞うことで相手に良い印象を残すことができポイント高い
3)相手の背中を見守ってあげる
  ⇒そのゆとりからビジネスチャンスが生まれるのです
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(この本で得られた「気付き」)
日常のほんの些細な行動でも、その人の印象を決めてしまう。細かな気遣いが、その人をより魅力的に見せる。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(自己批評)
こういうハウツーものは、各章ごとに完結しているので、フォトリーでも読むのに時間が掛かる気がします。

(この本の満足度)
★★

※3段階
★★★ 多大なインパクトを与える
★★  読んでも損は無い
★   それほど重要では無い
posted by 山栄 浩 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(ビジネス全般)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1023013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。